長寿遺伝子(サーチュイン)のスイッチを入れる為に。

レスベラトロールは、長寿遺伝子のスイッチを入れる効果を持つ、ポリフェノールです。
こちらのページでは、長寿遺伝子サーチュインが、どのようなものなのかを分かりやすく解説します。

長寿遺伝子とは?

長寿遺伝子とはサーチュインと呼ばれる遺伝子で、誰もが持っている事が判明していますが、普通に生活していては、活性化する事無く、眠っている状態で働く事がありません。

逆に言えば、長寿遺伝子サーチュインを活性化させる事が出来れば、長寿を実現する事が可能となります。

カロリーの制限で、長寿遺伝子は活性化します。

昔から「ごはんは腹8文目が良い」といいますが、長寿にとってもこれはいえる事です。
実際には、8文目ではなく「7文目」が妥当ですが、カロリーを制限する事で、長寿遺伝子サーチュインが働き出します。

具体的にいうと、摂取カロリーが少ないと、細胞の中にあるミトコンドリアという器官から、NADという物質を大量に吐き出されます。
このNADが細胞の核に入り込み、長寿遺伝子サーチュインに刺激を与える事で、活性化する事が実験や研究で判明しています。

現代社会は、栄養価が殆どない状態の加工食品が多く、栄養を確保しながらカロリーの制限を行う事が難しいといわれています。

レスベラトロールが長寿遺伝子に働きかける。

近年の研究でレスベラトロールが、カロリー制限せずに長寿遺伝子サーチュインを活性化させる働きが判明し、脚光を集めています。

レスベラトロールの働きには、長寿遺伝子サーチュインの活性化以外にも、抗酸化作用や放射線障害への防御、抗がん作用や眼病予防、認知症予防など様々な優れた効果がある為、今後ますます注目を集めるのは間違いがなさそうです。


Copyright (C) 2011 レスベラトロールの効果.com. All Rights Reserved.